· 

白妙磁

庄村久喜の白磁は、純白のシルクのような光沢がある白磁です。

 

名前表記として、白磁ではなく「白妙磁(しろたえじ)」と表記しています。

 

白妙の「妙」にはとても美しいという意味があります。

 

「とても美しい白磁」という意味をもった造語であり、全く新しい白磁です。

 

画像は酒器です。

 

ロクロの回転をゆっくりと回し、一気に引き上げることで荒々しく仕上げる。

 

逆に、内側は穏やかに仕上げます。

 

 

 

                                                                                       作品名「磁のぐい呑」   庄村久喜 作